塾 電車通学

塾に電車通学しているお子様の割合

最近、小学生のころから塾に通っているお子様が多く見受けられ、勉強や進学に対する関心が増えてきていますが、塾に通塾する際の手段はどのような割合になっているかというと、電車通学をしているお子様が約40パーセント程度で、次に多いのが徒歩での通学が約35パーセント、最後にマイカーでの送り迎えでの通学が約25パーセント程度となっています。このように電車通学をしているお子様が増えてきています。なぜ電車通学が増えてきているかというと、塾のカリキュラムや進学させたい学校への合格率などを鑑みて塾を決めている場合が増えてきているためです。実際に電車通学をさせている親御さんの中にはお子様がちゃんと電車に乗れたどうかや、安全に電車に乗れているかどうかが心配な方が多いので、見守りサービスを利用している家庭も多いようです。

電車通学をしている子供を見守るサービスとは?

現在一般的に多く普及しているのが、GPSサービスが主となっている見守りサービスです。こちらはGPS端末を防犯ブザーに内蔵されていたり、キッズケータイとして電話もできるサービスとして多く普及しています。このようなサービスはどこにいても端末さえ持っていれば位置情報が分かるので塾に行くときだけでなく、普段の学校への通学や遊びに行った時にも利用することができます。次に電車通学をしている方に人気のサービスが、首都圏でのサービスが拡大してきている鉄道会社が行っているもので、ICカードの記名のある定期券で、改札を通過すると親御さんへメールが届くというものです。専用の機械や端末をもつ必要はなく、ICカードを登録するだけで使えるので、GPS端末を塾へ持ち込めない場合に活躍するサービスです。

鉄道会社が行っている見守りサービスとは?

最近首都圏で拡大が進んでいる、鉄道会社が行っている見守りサービスとはいったいどのようなサービスなのかご紹介していきます。電車通学で電車に乗る際に定期券のICカードを改札に通しますが、お子様が改札でICカードを通した際にあらかじめ登録されているメールアドレスへ改札を通過したことを知らせてくれるサービスです。費用としてはICカード定期券の契約と、見守りサービスの利用料だけなので気軽に利用できます。また塾の中にはこどもケータイなどを持ち込むことができない場合も多くそのような時でも利用できます。電車を利用しないと使えないサービスではありますが最近利用者が増えているサービスです。このような鉄道会社が行っている見守りサービスは首都圏を中心に提供が増えてきておりますので、一度検討してみてはいかがでしょうか。