塾へ電車通学するお子様向けの安全サービスを紹介

お子様の小学校入学と同時に、学習塾やスイミングやピアノなど様々な習い事をスタートされているご家庭があります。場合によっては、自宅から目的地まで電車通学となり、特に夕方から夜間の帰宅時間帯が少々、心配になることがあります。ご両親のどちらかが駅まで迎えに行けるご家庭は良いものの、共働きの場合は迎えに行くことが出来ない日もあり、お子様ひとりで自宅まで徒歩帰宅となってしまうのです。お子様が駅の改札口を出て無事に自宅に帰宅したことの連絡があり、確認できればとても心が落ち着きます。実はそのような課題を解決すべく、お子様を安全見守るサービスが提供されています。民間の警備会社の見守りサービスや駅の防犯サービスが実施されているので一度、確認してみて下さい。また、最近はスマートフォンの位置情報やメールのやり取りで安全を確認しているご家庭もあるようです。

塾や習い事で電車通学する時に犯罪から守る安全対策について

お子さんの電車通学を安全サポートする民間警備会社が提供しているサービスの一例の内容をご説明します。お子さんに通信端末機器をお持ちいただき、お子さんの位置情報や不測の事態発生時の警備員による駆けつけサービスが基本となっています。加えて無事自宅に到着したとき、必ずご両親に帰宅コールができますから安全を最終確認できる仕組みとなっています。一方、お子さんが学校や塾を出て駅から電車に乗り、最寄り駅に到着する過程で、駅の改札を出ましたという時点で連絡を受け取ることができるシステムサービスがあります。すべての駅でサービス提供されていませんが、もし実施されているのであれば活用をおすすめしたい安全対策です。駅の改札を通過した情報を受ければ、駅からあと何分で帰宅するかが予測できまし、いざという時もとても役立つと考えます。

学校や塾の往復を電車通学で行う時の防犯の基本

大切なお子様の電車通学を見守るサービスだけでは、真の安全確保には至りません。自分たちの手で犯罪から身を守るという基本的考え方が必要不可欠なのです。まず塾やスイミングクラブなど習い事先の周辺環境をご両親自ら知りましょう。ここでポイントとなることは、昼間と夜間の環境が激変するエリアがありますから要注意です。環境を知り、お子様が立ち寄ってはいけない場所や帰宅ルートを設定します。そして防犯対策として防犯ブザーやホイッスルをできる限り装着して下さい。装着箇所は必ず見えるところに付けるようにします。そのことが犯罪抑止となりお子様を守ってくれる最大の武器となるのです。お子様用のスマートフォンを与えているご家庭であれば、活用をおすすめします。お子様の位置情報と共に安全を迅速に確認できます。