知っておきたい電子タバコの特長と使い方

電子タバコの特長はまず煙が出ないことです。煙のように見えるのは水蒸気であり、本物のタバコのようなニオイや有害物質は含まれていません。ですから周囲にもニオイで不快感を与えたり健康被害に繋がるようなことはないのです。ニコチンやタールを含んでいないのも特長。中にはニコチンを含んでいるタイプも存在するものの、基本的にはタバコのような有害物質は含んでいませんので、比較すると健康被害は小さいとされています。火を使わないのも電子タバコの特長です。水蒸気が出るのはアトマイザーと呼ばれるパーツの働きによるものであり、火を使わずに水蒸気を発生させることが可能です。火を使わない為に火傷や火事などの被害に繋がることがないですし、ボタンを押すなりしていないと水蒸気も出ませんので安全性が高いと言えます。

電子タバコはどのように使用する?

電子タバコの使用方法ですが、使い方としては本物のタバコのように吸うだけです。吸うだけで反応して水蒸気が出るタイプもありますが、ボタンを押しながら吸うタイプもありますので、本物のタバコとやや使い方としては違っている部分もあります。電子タバコには使い捨てタイプもあればリキッドを補充してずっと使用できるタイプもありますが、補充するタイプですと別途リキッドを用意しなければいけません。なおリキッドを補充するタイプの場合、フレーバーを替えることが可能です。フレーバーには色々な種類があり、タバコ風味やフルーツ風味、ミント風味などが定番となっています。上級者ともなるとリキッドを混ぜるなどしてオリジナルでフレーバーを作ることもあり、そういった楽しみ方があるのも魅力と言えます。

どこへ行けば買うことができるのか?

電子タバコの購入方法ですが、近ごろではコンビニやドラッグストアなどでも販売されていますので簡単に入手をすることができます。ただし、こういったところで売られているのは使い捨てタイプが多く、カスタムができるような物は売られていないことが多いです。より本格的な物が欲しい時には専門店へ行った方が良いでしょう。専門店の数はあまり多くありませんが、しかしながら全国に点在しており、専門で扱っているようなショップも登場しています。他にもインターネット通販で購入することも可能です。実店舗は数が多くありませんからインターネット通販を利用するのが簡単と言えるでしょう。なお通販では海外から輸入した製品を販売しているところもありますが、海外品ですとニコチンが最初から含まれていることもありますので注意が必要です。