電子タバコのメリットとデメリット

男たちのマストアイテムといえばタバコ、口が寂しいときの相棒です。ニコチンパワーで集中力を上げ、気分をハイにして1日を乗り切ります。しかし、代償は付き物です肺は真っ黒、息切れは当たり前、ガンになる可能性大など健康とは無縁の体になります。それでも喫煙は止められず、自ら寿命を減らし続けます。そんな喫煙者たちに、新しい相棒が誕生します。それが、電子タバコです。従来のタバコとは違い、見た目も中身も全く違う代物です。その物珍しさから、電子タバコに乗り換える人が増えています。男はいくつになっても新しい物に目移りします。けれど、あまり電子タバコに詳しくない人もいます。通販で販売されているので、知らない人には何が良くて何が悪いのか検討もつかないです。そんな電子タバコには、メリット・デメリットがあります。

すべてがスタイリッシュ、電子タバコの良さ

電子タバコのメリットは3つあります。1つ目は、病気になりにくいことです。従来品は、一酸化炭素・アンモニア・アセトンなど有害物質のオンパレードです。吸い続ければ、最悪死に至ります。電子タバコはそもそもタバコではなく、火は一切使わないです。有害物質やニコチンは含まれておらず、受動喫煙も起きないのが特徴になります。2つ目は、カッコいいことです。タバコというのはあくまで吸うためのアイテム、見た目など追求しても意味を成さない代物です。しかし、その常識を大きく打ち破ります。持っているだけでオシャレに見え、吸っている姿はまるでセレブのようになります。見た目も追求することで、嫌なタバコのイメージをひっくり返します。3つ目は、香りがいいことです。タバコの嫌な点といえば、臭いです。ヤニがそこらじゅうに舞い、周囲に悪影響を及ぼします。電子タバコはリキッドが香りを生み、近くにいても不快に感じないです。

我慢が必要、電子タバコのデメリット

いろいろメリットのある電子タバコにも、デメリットがあります。1つ目は、満たされないことです。タバコのニコチンには、一時的に脳を幸福状態にする成分が含まれています。それが習慣になり、喫煙を止められなくなります。電子タバコは香りを楽しむ物、やる気を上げようとしてもさほど効果が期待できないのが相場です。2つ目は、吸う回数が多くなることです。タバコは吸えば減りますが、電子タバコは充電すればいくらでも吸えます。そのため、吸う回数が多くなる可能性があります。いくら電子タバコとはいえ、吸い続ければ体に害が及びます。100%安全とは言い切れませんが、こちらの方がリスクが低いのでオススメです。人との差別化もでき、注目を浴びます。最終的な判断は、自分の健康を確認してから購入するべきです。